居酒屋情報館

居酒屋ではマナーある行為や言動が歓迎される

マナー意識が高い人は、居酒屋でより良いひとときを過ごせます。厳しいテーブルマナーや完璧な敬語を知っている必要はなく、一般社会において好ましいと考えられている態度を意識しながら居酒屋を楽しむだけで事足ります。提供される飲食物によって気持ちが大きくなりやすくなるので、自身を律することに注力することが必要です。この課題さえクリアしていれば、問題事が発生しないと言っても大げさではありません。
特定の人物が気分を害してしまう話題を避ける心がけは、居酒屋の利用者に求められている重要なマナーです。飲食を楽しむ場所なのでフランクな語り口調はある程度許容されていますが、度が過ぎればマナー違反となります。居酒屋には職業が異なるさまざまな人が訪れるので、誰が聞いても気分を害さない話題の選択が肝心です。思うところがあって突拍子もない発言がしたくなっても、周囲の人たちの気持ちを考えて一線を越えないように努める必要があります。

居酒屋のマナーについて

居酒屋はカジュアルな場ですが、それなりのマナーは存在します。
「焼き鳥は、串から外して食べる」。
テーブルマナーとして、串から直で食べるのはNGとされていますし、外しておいたほうがいろいろな物を食べられます。その際、強引に外そうとすると失敗しがちなので、軽くねじりながらすると外しやすくなります。
「醤油の小皿に、みんなの分の醤油を勝手に入れない」。
こぼれるおそれがありますし、好みの量も人それぞれだからです。小皿を配る所までなら、問題ありません。
「から揚げにレモンをかけない」。
レモンをかけたくない人もいますし、他の人が触った物は嫌という人もいるので、やめておきましょう。自分の分だけ取って、かけるべきです。
「空いたお皿などをまとめておく」。
これは、居酒屋のようにカジュアルな場であればOKです。店員からしても、片付けの手間が省けるので喜ばれます。ただし、重ねる際は同じ種類の物だけにしないと却って運びにくくなります。

Valuable information

2016/2/17 更新